2017年6月18日 (日)

アクトランドYAOメールマガジン7月号

Sm2017

アクトランドYAOのイベント情報、メールマガジン7月号の内容です。

※アクトランドYAOでは月1回ペースで自然の情報と共に情報を配信しています。メールマガジンの購読を希望される方はinfo@actland-yao.jpまでご連絡ください。

☆★☆★☆★ アクトランドYAOメールマガジン7月号 ☆★☆★☆★☆★☆★

このメールマガジンは、アクトランドYAOのスタッフとご縁のある方、メール

マガジンの購読をご希望された方にお送りさせていただいております。

もし、配信をご希望されない方はinfo@actland-yao.jp までお知らせ下さい。

直ちに配信停止いたします。

「アクトランドYAO」は八尾市立大畑山青少年野外活動センターの愛称です。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【目次】

① スタッフのつぶやき「夏休み子どもキャンプ、今回ホタルハイクを実施します!」

② 7月・8月前半のイベントのご案内

・「夏休み子どもキャンプ」(①7/26-278/3-48/23-24

・「親子で流しそうめんと竹の水鉄砲作り・スイカ割り」(7/17

・「大畑山カブトムシ探検隊」(①7/297/30

・「幼児と親のキャンプごっこ」(8/5-6

-----------------------------------------------------------

①スタッフのつぶやき「夏休み子どもキャンプ、今回ホタルハイクを実施します!」

毎年実施している小学生対象の「夏休み子どもキャンプ」、例年夜のプログラムはカブトムシ探検を実施していたのですが、8月後半になってくるとカブトムシを見つけることが非常に難しく、課題となっていました。

そこで、今年度は後半の1回だけ、ホタルハイクを実施することにします!昨年1年間、大阪ECO動物海洋専門学校の学生と恩智越えハイキングルート間でホタルの発光調査を行ったのですが、夏場は陸生ホタルの幼虫の発光が多く確認できることを発見!

子ども達に不思議な夜の生き物の世界を見てもらいどんな反応をするのか今から楽しみです。

(宮嶋あお)

②7月・8月前半のイベントのご案内

★「アクトランドYAO夏休み子どもキャンプ」

※募集チラシはこちら → http://www.actland-yao.jp/event/summer2017.pdf

小学生を対象にした1泊2日のキャンプ。流しそうめんや竹の水鉄砲を作って水遊び、ドラム缶風呂やアウトドアクッキングなど盛り沢山の内容です。

第1回・2回の夜はカブトムシ探検、第3回はホタルハイクを実施します。

※活動中はボランティアのリーダーがグループを担当し、安全面や友達作りをサポートします。

日時:第1回7月26日(水)~27日(木)

   第2回8月 3日(木)~ 4日(金)

   第3回8月23日(水)~24日(木)

場所:アクトランドYAO(八尾市恩智中町4-55

対象:小学1年生~6年生

定員:各回40人(先着順)

参加費:9500円(食事、保険、施設使用料など全て含む)

申込み:7月4日(火)午前10時より受付開始(1件につき3名まで)

※電話は非常に混み合うため、窓口に並ばれたほうが受付できる可能性が高いです。

お申込みは072-940-2028か窓口でお願いします。

 

★「親子で流しそうめんと竹の水鉄砲作り・スイカ割り」

夏本番!アクトランドといえば長~いそうめん台で楽しむ流しそうめん!そうめんを楽しんだ後は竹で水鉄砲を作って遊び、最後はスイカ割りをします。

日時:7月17日(祝)10時~15時30分頃

対象:親子

場所:アクトランドYAO

参加費:大人(13歳以上)2200円

    小人(7歳~12歳)1700円 

    幼児(3歳~6歳)1200円 ※2歳以下は無料です

受付:7月2日(日)午後1時より受付開始

お申込みは072-940-2028か窓口でお願いします。

 

★「大畑山カブトムシ探検隊①②」

毎年大好評!森にいるカブトムシを探しに行くプログラムです。どんなところを探せば良いのか、トラップの作り方なども伝授します。

日時:①7月29日(土)19時~21時

   ②7月30日(日)19時~21時

対象:親子

場所:アクトランドYAO

参加費:大人(13歳以上) 800円

    小人(7歳~12歳)500円 

    幼児(3歳~6歳) 400円 ※2歳以下は無料です

受付:7月3日(月)午前10時より受付開始

お申込みは072-940-2028か窓口でお願いします。

★「幼児と親のキャンプごっこ」

子どもがまだ小さいけどキャンプをやってみたいなぁと思うあなた!そんな親子を対象に研修室にテントを張って宿泊するなんちゃってキャンプを実施します。流しそうめんや野外料理も楽しみましょう。

日時:8月6日(土)~7日(日)午前10時~翌日午前10時

対象:親子

場所:アクトランドYAO

参加費:大人(13歳以上)7000円

 小人(7歳~12歳)5000円 

    幼児(3歳~6歳)2500円 ※2歳以下は無料です

受付:7月5日(水)午前10時より受付開始

お申込みは072-940-2028か窓口でお願いします。

今回のメルマガは以上となります。

最後までお読みくださりありがとうございました。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2017年6月 7日 (水)

森のようちえんPeekaboo 第1回目の活動報告

今年度で第9期目となる森のようちえんPeekabooが始まりました。

記念すべき第1回目の活動は先月の21日(日)でした。当日はお天気に恵まれて、青空の下で活動!子どもたちの笑顔がよく映えます。

それでは活動の報告をします。
活動のテーマは、「ひみつの森へようこそ!森の探検ツアーにご招待!」です。



午前の活動は、絵本「ぐりとぐらのえんそく」を読んでから‟ひみつの森”と呼ばれる施設内に広がる森を探検しました。


1





森の中をどんどん進んでいくと、絵本と同じようなことが!

道の途中になんと、毛糸がコロコロ転がっていたのです!

(子)「あれ?毛糸が転がっている!」「なんか続いてるよ!」「ついていってみよう!」「絵本と同じや!」「すごい!」

口々にびっくりした感想や不思議に思う気持ちを伝えてくれます。


8

※ブルーのTシャツを着た男の子が毛糸を巻いています。お友だちも順番に並んで巻いていきます。ちゃんと順番待ちしているところもかわいいですね。




子どもたちと一緒に毛糸をくるくると巻きながらたどり着いた先は、なんと毛糸の端にくっついている‟招待状”でした。

「森の奥においでよ、ステキなプレゼントを用意しているよ。」という内容が書かれており、子どもたちは大喜び!


2


(子)「これ、招待状や!”」「誰からなん?行ってみよう!」

心躍らせ森の奥へ急ぐ子どもたちの姿は、絵本の世界に入り込んだ主人公のようでした。



7


森の奥に到着!

なにをしているのかな?

どうやら、グループに出されたなぞなぞを解いて、正解したらステキなプレゼントがもらえるということ!




しばらくして森から戻って来た子どもたちの手にはプレゼント袋と野イチゴが!
子どもたちにとって‟ひみつの森”の探検は、お土産付きの‟えんそく”となりました。


4


10


5


9


16

子どもたちが森で見つけて摘んだ野イチゴ(クサイチゴ)です。





お昼ごはんはみんなで仲良くお弁当を食べました。これも絵本と同じだったね。


12






午後の活動は、‟ひみつの森”を探検し、摘んだの野イチゴを飾りに使っておやつのパフェを作りました。

グループのお友達と協力しながら作ったパフェに飾った野イチゴの味はどうだったのでしょう?


13


11


15



思ったよりは甘酸っぱかったようですが、これもいい経験。
自分で一生懸命に見つけて摘み、作って食べた野イチゴの味は一生忘れられない思い出になります。

たくさん遊んで、いっぱい歩いて、自然を五感で感じとる。

がんばって作って、いっぱい食べて、幸せな気持ちになる。

すべてが貴重な体験。


これからの活動もたくさんの体験を通して、子どもたちの感受性がさらに豊かになるよう働きかけていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします!

かわちゃん(記)



★かわちゃんの自己紹介★

 感受性豊かな幼児期に、自然の中での驚きや感動体験を子どもたちに分かりやすく、そして楽しく共に活動していけるよう、プログラムを企画・担当します。
 幼児期の子どもを指導する上で大切にしていることは、「自然を知ることよりも、感じること」です。毎回の活動では、子どもたちと一緒に森へ出かけ、ひとりひとりが持つ五感を大切にすることで、感受性がさらに豊かになるように働きかけたいと思います。
 家では小5の娘と小2の息子をもつ母親です。元気いっぱいすぎて、たまにドジをする私ですが、自然体のまま、時には子どもたちのお母さん代わりにもなって接していきたいと思います。


14

いつも子どもたちと同じように驚いたり(自然体で驚けるんです!天然なのでしょうか?!)、どろんこになったりしています!


2017年6月 1日 (木)

ダッチオーブン料理教室を開催します!

Cimg3690

アクトランドYAO6月のイベント情報のお知らせです

「野外で豪華に!ダッチオーブン料理教室」
人気の野外調理器具「ダッチオーブン」を使ったちょっぴり贅沢な野外料理教室です。
今回のメニューは、①鶏肉と野菜のホイル包み焼き②ドライカレー③さわやかサラダ④フルーツポンチの4品です。

日時:平成29年6月11日(日)
対象:どなたでも(子どもだけの参加はできません)
参加費:大人2200円、小人1700円、幼児1200円(2歳以下は無料です)
申込み:お電話で承ります。072-940-2028(9時〜17時)

2017年4月17日 (月)

ボランティアリーダーの研修会を実施しました

昨年から引き続きボランティア活動を続けてくれるアウトドアリーダー達を対象にした研修会を実施しました。

今年度も子ども達が自然の中で、野外料理や森の探険など、色んな体験を楽しく安全に活動してもらえるようにとリーダー達が各事業で活躍します!

Img_7630

2017年4月 1日 (土)

森のがっこうAdventureクラス2016 第7回目の活動報告

1


森のがっこうアドベンチャークラス、第7回目の活動は1泊2日の卒業キャンプでした。今回は子ども達が自分達で相談してプログラムを決めるキャンプです。みんな最後まで楽しむことができたのでしょうか。それでは活動報告スタートです。

2

開会式が終わった後は班ごとにキャンプミーティングをしました。前回の活動で実施した秘密基地作りの続きやおやつ作り、ドッチボール、クラフトなど色んな意見を出し合いどの時間に何をするかを計画表に書いていきます。夕食と2日目の昼食メニューも相談をして決めたら1泊2日のプログラム表が完成しました。

5

のこぎりやロープを持って出掛けた班は前回の秘密基地づくりの続きに取り掛かりました。班のメンバーで役割分担を決め夢中になって基地作りに没頭していました。おやつ作りを選択した班は竹でバウムクーヘン作りに挑戦しました。沢山の炭に火を点けることができたら1層ずつ生地を焼いていきます。苦戦しながらも大小様々なバウムクーヘンが完成しました。

3

夕食はカレー、シチュー、ハッシュドビーフから班で選択したものを作りました。これまで何度も野外料理を経験してきたので大人が手伝わなくてもあっという間に夕食が完成しました。お米の水の量が少なすぎてカチカチになってしまった班もあったけど全て完食。楽しい夕食の時間となりました。夕食の片付けが終わったらキャンドルナイトです。アドベンチャークラスで一番の思い出や一番美味しかった野外料理などを発表し合いながら最後の夜の時間を楽しみました。

4

2日目になりました。朝食のホットサンドを作って食べた後は再び班で考えたプログラムを楽しみました。ドッチボールや森の探検などをそれぞれ楽しみ、お昼ごはんを作って食べたら最後の修了式のプログラムです。1年間の活動を振り返るスライドショーを鑑賞し、修了証をもらったら今期の森のがっこうアドベンチャークラスの活動は終了。

6

日常では体験することのできない野外での活動経験を沢山積んで、子ども達は一回りも二回りもたくましくなったと感じています。次年度も子ども達と色んなチャレンジをすることを楽しみにして、今期の活動を終えたいと思います。

記・宮嶋)

7

 

2017年3月26日 (日)

森のようちえん Peekaboo 第10回目の活動報告

楽しかった森のようちえんも今月の活動で第8期が終了します。

今月は「森のようちえん巣立ちの日、卒園パーティー!」が活動のテーマです。

1組が19日、2組が11日に活動し、両日とも晴天で、春がうっすら感じられる陽気の下、元気に外で遊び、お料理も頑張りました。

午前の活動は、炭焼きピザ作りに挑戦です。

ピザ生地にタマネギやウインナーなどをトッピング。


Photo


Photo_8



子どもたちの中には、具材の特徴を活かしてニコニコ顔のピザを作った子もいました。


Photo_2


ニコニコ顔のピザのように、子どもたちみんながニコニコ笑顔で森のようちえんを卒園する日。心身共に大きく成長した子どもたちを見ると、かわちゃんもうれしくなるよ。


Photo_3


Photo_4


Photo_9


炭火で焼いたピザは香ばしく、たくさん食べた子どもたちの笑顔はキラキラに輝いていました。

今日も野外でお料理、大成功!!


Photo_5



Photo_6

午後の活動は、アクトランドの竹で作った竹ぽっくりを利用して、「森のようちえん卒園検定?!」に挑戦しました。


Photo_10


竹ぽっくりに乗って、設定されたコースを無事にゴールすると合格の認定とのこと!
お友だちのみんな、頑張って!

やったー!!卒園検定?!合格の○印がもらえました!!


Photo_11


よーく見ていると、仲良くなったお友だちが卒園検定?!に挑戦している時、聞こえてくる!応援の声!!

「頑張れー!」とお友だちの応援の声をもらうと、いつも以上に力が出て頑張れるよね。


Photo_12


Photo_13


お友だちを大切にする気持ちも十分に備わった子どもたちは今日、全員が「卒園検定?!」に合格しました!!

おめでとう!!


おやつは全員の卒園をお祝いして、ショートケーキアイスをいただきました。


Photo_14




そして、最後に記念写真 !(^^)!


Photo_15


1組のみんな!


Photo_16


2組のみんな!




みんな、また会おうね!


みんなで、また遊ぼうね!


いつも いつも みんなのこと かわちゃんは 応援しているよ!


かわちゃん (完)

2017年3月20日 (月)

森のがっこうNatureクラス2016 第9回目の活動報告

第9回、森のがっこうNatureクラスの活動報告です!

Dscf2071_2

今回は、アウトドアクッキングの万能鍋「ダッチオーブン」を使って、昼食作りを行いました。メニューは、スペアリブのバーベキューソース煮込み、丸ごと玉ねぎスープです。材料紹介をした際に、スペアリブを見た子どもたちは、「お~!!」と大盛り上がりでした。調理の前に、グループ内で役割分担をして、みんなで協力して作りました。

Dscf2054

 

材料の下準備が終われば、ダッチオーブンに入れて煮込んでいきます。スペアリブはソースが焦げないように、時々中をかき混ぜます。お肉に火が通って、完成した料理を見た子どもたちは、「おいしそ~や!早く食べたい!!」と大声で言っていました

 

Dscf2095

 ダッチオーブン料理で、おなかいっぱいになった後は、3月のキャンプのプログラムをグループごとに考えました。今まで、森のがっこうで体験したことを思い出しながら、各グループ思い思いに、模造紙へアイディアを書いています。

Dscf2108

 そして、みんなで出したアイディアを参考にしながら、話し合いました。できあがったプログラムを見せてくれた時のみんなの表情は、とてもキラキラと輝いていて、楽しみにしている気持ちが伝わってきました。

 

Img_6315

 

 

 今回のおやつは、フルーツミニパンケーキです。竹串にバナナを刺して、そのバナナを、ホットケーキミックスでコーティングし、炭火でマシュマロの様に焼けば完成です。とっても簡単に作れることもあってか、子どもたちから大人気でした。

Img_0129

おやつを堪能したら、あっという間に帰る時間になってしまいました。

森のがっこうNatureクラス2016 第8回目の活動報告

第8回、森のがっこうNatureクラスの活動報告です!

Dscf1070

 

最初の活動は、お昼にお餅と一緒に、いただくつみれ汁をみんなで分担して作りました。大根の担当をした子どもたちは、大根の大きさにびっくり。

Dscf1063

ゴボウを担当した子どもたちは、慣れない食材に大苦戦。固いゴボウを一所懸命に切ってくれました。みんな、調理の回数を重ねるにつれ、準備にかかる時間が短くなってきています。

P1060035

材料を全て切り終ったところで、火起こし担当の子どもたちが、大きなお鍋で沸かしたお湯に、材料を入れて煮込みました。つみれ汁の材料を煮込んでいる間に、石臼と杵を使った、本格的なお餅つきに挑戦しました。蒸しあがったもち米を、まずは大人の力ですり潰します。もち米の形がなくなり全体的にくっついたところで、子どもたちの出番です。1人ずつ交代で、ついていきます。

Dscf1177

お餅がつけたら、自分が食べるお餅を丸めて、昼食につみれ汁と一緒にいただきました。

 

Dscf1186

お昼からは、森へ動物の痕跡を探しに行く予定でしたが、あいにくの天気となったので、代わりに「動物落とし物クイズ」と題して、痕跡にまつわるクイズを楽しみました。

Dscf1190

 

Dscf1226_2

私が、質問をすると子どもたちは積極的に手を上げて、自分の考えを発表してくれました。1時間程度クイズを楽しんだ後、みんなで羽子板で遊びました。

P1060115

班対抗で勝負をして、負けた班のグループリーダーは、顔に落書きをされるということを聞き、子どもたちは大はしゃぎでした。羽子板を楽しんでいると、あっと言う間におやつの時間になりました。今回は、スモア(焼いたマシュマロをチョコレートとクラッカーで挟んでいただく、アメリカ・カナダ伝統のおやつです。)と言うキャンプ定番のおやつをいただいたら、もう帰る時間になってしまいました。

森のがっこうNatureクラス2016 第7回目の活動報告

7回、森のがっこうNatureクラスの活動報告です!

Dscf9614_2

 

まずは、お昼にみんなでいただくシチューを担当に分かれて作りました。火起こしは相変わらず男の子に圧倒的な人気でした。子どもたちは、手慣れた様子でせっせと火を起こしていました。

Dscf9713

鶏肉を切る担当の子どもたちは、鶏肉の皮に大苦戦していました。子どもたちだけの力では難しそうだったので、リーダーの協力のもと鶏肉を、一所懸命に切ってくれました。

Dscf9666

全ての材料を切り終えたら、大きなお鍋で煮込みました。

 

Imgp0024

 シチューを煮込んでいる間に、森に入って、各班対抗で落ち葉を使ってリーダーを埋めるゲームをしました。スタートの合図とともに、一斉に落ち葉を集め、リーダーを埋めていきます。ゲーム中、リーダーに「動いたら落ち葉が落ちるから動かんといてな!」と声をかけながら、落ち葉をかぶせていました。子どもたちは、終始満面の笑みで落ち葉遊びを楽しんだ後、キャンプ場に戻り昼食のシチューとパンとサラダをいただきました。

 

Dscf9793

 昼食をいただいた後は、おやつとなる焼き芋作りです。お昼からは天気がすぐれず、場所をピロティーに移して行いました。

サツマイモを濡らした新聞紙でくるんで、アルミホイルで包めば準備完了。そこからは煙と闘いながら、落ち葉を入れては燃やして、入れては燃やしてを繰り返し芋を焼きました。

Imgp0040

芋を焼くだけではなく、事前に集めておいた落ち葉で遊ぶ時間もとりましたので、子どもたちは大はしゃぎ。落ち葉に寝転んだり、埋もれてみたりと思い思いに遊んでいました。思う存分落ち葉で遊んだ後は、落ち葉だらけになったピロティーを、みんなできれいに掃除をしました。

Imgp0059

2017年3月13日 (月)

森のがっこうNatureクラス2016 第6回目の活動報告

第6回、森のがっこうNatureクラスの活動報告です!

 

Dscf8900

今回最初の活動は、お昼にみんなでいただく竹筒かやくご飯と豚汁を担当に分かれて作りました。子どもたちは冷たい水にもめげずに、せっせとお米を研ぎ、そのお米を竹筒に入れたら準備が完了。次に火を起こし竹筒ごと火に入れてお米を炊いていきます。火起こし担当の子どもが、「火起こしは何回もしてるから、失敗せえへん。見といてな!」と自信満々に話してくれました。子どもたちの様子を見ていると、本当に失敗することなく見事に1回で火を起こしました。

Imgp0034

豚汁担当の子どもたちは、牛蒡や大根、コンニャクなど今まで使ったことのない食材に苦戦しながらも調理に取り組みました。牛蒡を洗う際には、たわしで洗うよう指示をすると、とても驚いた表情でした。竹筒かやくご飯と豚汁が完成するまでの間、みんなで交代しながら何回も火の様子を確認していました。

 

Imgp0028

竹筒かやくご飯と豚汁が完成したら、みんなでお昼ごはんです。みんな元気よく「いただきまーす!」と言ってからいただきました。子どもたちには竹筒かやくご飯が特に人気で「めっちゃおいしいで!」「おいしいからおかわりしてん!!」とうれしい感想を言ってくれました。

 

Imgp0083

9月にみんなで考えた遊具のアイディアの中で一番多かった長いすべり台を新たに作りました。みんなで協力して重たい竹を運んで斜面に並べたり、竹を並べやすくするためにスコップで斜面の土を削ったり、竹が動かないようにロープで竹と竹とを固定したりとたくさんの事に挑戦しました。

Dscf8960

途中、ロープの結び方を教えた時は、みんなとても真剣な表情で聞いてくれました。すでに完成させていた遊具も大人気でみんな作業しながらもアスレチック遊びを楽しみました。

Dscf8973

活動の最後に、みんなで遊具の前で記念撮影をしました。

Img_0010

«森のがっこうNatureクラス2016 第5回目の活動報告

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ