« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月24日 (日)

森のがっこうアドベンチャークラス・第5回目の活動

Dscf0041

12/23-24は第5回森のがっこうAdventureクラスの活動日でした!

テーマは「たき火を囲みあったかアウトドアクッキング」ということで竹でお椀やお箸を作ってカマドを作ってひたすら作って食べるの1泊2日間(^^)

みんな火起こしはもう完璧…かな!?

2017年12月20日 (水)

森のようちえんPeekaboo 第7回目の活動報告

もうすぐクリスマスですね。
ウキウキ、ワクワクのクリスマスを森のようちえんでは一足早く、今月の10日に「森にサンタさんがやってくる!? クリスマスパーティー」をテーマにした活動を行いました。

それでは、活動内容をさっそくお伝えします。

午前の活動は、「森でサンタさんを見た!」という目撃情報をたよりに、森へサンタさんを探しに出掛けるところからスタートしました。

目撃したという場所まで行ってみると、サンタさんの落とし物(忘れ物!?)と思われる手袋や帽子、プレゼント用のリボンが次々と見つかり、子どもたちはびっくり!そして、大喜び!
白いもこもこしたおひげのようなものまで落ちているものですから、子どもたちの想像力はどんどん膨らみます。

「ほら、見てみて!プレゼントについていたリボンじゃない?」


3



「帽子が引っかかってる!」


4



「すごい!本当にサンタさんは森に来たんだね!」
「サンタさんのおひげかな?もこもこしたおひげが見つかったよ。」


1



「まだ森にいてるかも?」

と広がる想像力から、期待も大きく膨らみました。

「おーい!サンタさーん! どこですかー?」


2



「サンタさーん、いたら返事してー!」


6



子どもたちのサンタさんに会いたい気持ちは森の中で大きく響き渡りました。



あちこちサンタさんを呼んで、探して、とうとう森の奥まで到着したその時、

サンタさんの姿を発見!!


5



サンタさんに手を振ると、サンタさんも手を振って応えてくれました。

子どもたちは大興奮しました!

やっぱりサンタさんはこの世界にいたのです!



お昼ごはんは、楽しい、かわいらしいクリスマスをイメージしたハヤシライスをいただきました。
子どもたちには茹でにんじんとパセリを混ぜ込んだきれいな色付きごはんの型抜きに挑戦してもらいました。みんな、上手にできたね。


14


15




みんなで食べるお昼ごはんはおいしいね。


13




午後の活動は、サンタさんからのプレゼントを探しに再び、サンタさんに会えた森の奥まで行きました。
というのも、アクトランドの森にやって来たサンタさんはいたずらが好きなようで、プレゼントは森に隠し置いたというのです。見事、子どもたちが見つけたらプレゼントは持って帰っていいよというお手紙をもらったので、子どもたちは一生懸命に探しました。


プレゼントは落ち葉の下に隠されていたり、木の陰にこっそり置かれていたりしたようですが、子どもたちの見つけた時の目の輝きは、どんなプレゼントをもらうよりも輝いていたように思いました。


11


見事、プレゼントを見つけて、森から出る時はみんなでお礼を言いました。

「サンタさーん、ありがとう!」って。
なんてステキな子どもたち。
なんてピュアなこころ。


8


10


サンタさん、あなたはプレゼントを運んできてくれました。

そして・・・

幸せな気持ちまで運んできてくれました。

本当にありがとう!!


おやつは、エクレアをマーブルチョコでデコレーションした、ポップでかわいい‟デコレーション・エクレア”をいただきました。
エクレアもクリスマスということで、ちょっぴりおめかし。ちょっぴりかわいく。


12



今年度の森のようちえんの活動が7回目ということで、回数を重ねるごとにどんどん子どもたちのかかわりも増え、仲良くしている姿がよく見受けられます。
普段の幼稚園や保育園、こども園とは違った、ここに来たら出会えるお友だちをこれからも増やしていってほしいなと思います。


9



それでは

今年の森のようちえんを応援してくださり、いつもブログを読んでくださり、
本当にありがとうございました。
良いお年をお過ごしください!

(かわちゃん記)

 

 

 

2017年12月 1日 (金)

森のようちえんPeekaboo 第6回目の活動報告

12月に入り、冬の季節を迎えました。

森のようちえんの活動プログラムも冬支度をしていこうと思います。

でも、その前に、先月(11月19日)に行った活動について報告をしますね。


11月の今回の活動テーマは「森のビックリ体験 『ぎりとぐら』の世界に飛びこもう!」がです。
この日は一日、子どもたちみんながぐりとぐらになりきって、絵本のストーリーと同じような体験をリアルに、忠実に体験しました。


午前の活動では、絵本『ぐりとぐら』を読み、森の奥まで冒険へ出かけました。

冒険へ出かける前に、子どもたちはぐりとぐらのトレードマークであるトンガリ帽子を真似て、バンダナを頭や首に巻き、身も心もすっかりぐりとぐらに変身!

1221



「今日は森の奥まで冒険しよう! 絵本みたいに大きなたまごが見つかったら、みんなで大きなカステラを作ろうね!」と言って、ワクワクしながら出発しました。

森の中をどんどん歩いていくと、大きなカステラ作りで必要な物が道に落ちているではありませんか!

えっ!ボールが落ちていたよ!

129_3



わあ!小麦粉を見つけちゃった!不思議なことが起こってる・・・

126





子どもたちはビックリ!
こんな不思議なことが起こる今日なら、大きなたまごを見つけられるかもしれないね!

森の奥まで行きつくと、宝箱のような木の箱を発見。
中を開けてみると・・・

なんと、大きなたまご!!

125



やったー!! 大きなカステラが作れるぞ!

128


127



森から帰ってきたら、お昼ごはんの時間になっていました。
今日のメニューは、「おにぎらず」と「具だくさんの豚汁」です。

おにぎらずは、幼児でも簡単に作れて、出来上がりも、見栄えもGOODです。


121


122


123





午後の活動では、森の奥で見つけた大きなたまごを使って、きいろくて大きなカステラを作りました。

カステラの生地作りはグループで仲良く順番交代したりして、お料理でもみんながぐりとぐらになれました。

1211


1210



カステラが焼けるまでの間は、みんなで色探しゲームやだるまさんが転んだなどをして、待ち時間も楽しく遊びました。

1220


  
そろそろカステラが焼ける頃、みんなで大きなカステラの様子を見てみました。
おなべのふたを開けると・・・

1215



まあ!なんてきいろくて大きなカステラがいい匂いとともに顔を出しました。

1212



大成功です! 
みんなで喜び合い、仲良く分け合っていただきました。

1213_2


1216


1214




今回の活動では、絵本のストーリーを素直に受け取り、感受性豊かな幼児期ならではの子どもたちの気持ちや行動が随所に見られました。

子どもたちは絵本の世界へと飛び込み、吸い込まれたかのように感じられる、森のビックリ体験となりました。


(記:かわちゃん)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ